【本日確定】6月15日からの規制緩和フェイズ4

2020年6月12日

新型コロナウィルス状況管理センター(CCSA)のスポークスマンであるタウィーシン氏は、6月15日より規制緩和のフェイズ4を実施することを表明した。
詳細については次のような内容となっている。

〇教育機関の再開を許可→インターナショナルスクールと塾は6月15日から再開することが許可されています。 私立および公立の学校は、一度に最大120名までの生徒の制限をし開校可能とします。 大学を含む他の教育機関は、セミナーやワークショップを始めることができます。

〇アルコールをレストランやホテルで提供可能。ただし、パブ、バー、または娯楽施設での飲酒は不可。

〇式典、会議、展示会、コンサート、パフォーマンス、イベントの集まりは、次の条件で許可されます。
会議やセミナーは、参加者1人あたり4平方メートルのスペースを確保する。
イベント、展示会、コンテスト、またはスポーツ競技会の観客は、座るか少なくとも1メートル離してください。
音楽のパフォーマンスやコンサートでは、参加者1人あたり5平方メートルのスペースが必要です。

〇映画やテレビでの撮影は最大150人までの撮影クルーとし、スタジオの観客は50人までとする。

〇スパ、サウナ再開は可能。1人当たり5平方メートルの空間確保が必要です。

〇公園でのグループエクササイズは、50名までは許可します。

〇遊園地やウォーターパークも再開可能です。1人当たりは4平方メートルのスペース確保、ボールプール、バルーンスライダーなどは一部使用不可とします。

〇無観客でのスポーツ競技は可能とします、まだ中継や放送は可能です。

〇ゲームブースやゲームセンターの再開も可とする。

いずれもマスク着用、検温、消毒などニューノーマルに即した環境を保つ必要がある。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします