【タイ活動家失踪事件】カンボジアは活動家の「拉致」を調査しない

photo by BANGKOK POST

2020年6月6日。

最近、タイの複数のメディアで話題となっているのが、カンボジアで起きたタイ政府批評家のワンチャルーム・サッサクシット氏失踪事件だ。
これは非常に政治がらみの事件なので、あまり取り扱いたくなかったのだが、あくまでもタイのメディアが報じている内容を脚色なし(一部意訳)に和訳した程度に読んで欲しい。
敢えて申し上げるが弊サイトは政治的な意図はないということを、前置きしておく。

タイのメディア(BANGKOK POST)が報じるのは以下の通りである。

カンボジアの警察は、タイの活動家がプノンペンのアパートの外で白昼に誘拐されたとされた後、その失踪の調査をしないと表明しました。

SNSによりますと、タイ政府の批評家である37歳のワンチャルーム・サッサクシット氏は、木曜日の午後、彼がアパートの近くで食料を購入している間に、突然武装集団がやってきて黒い車に引きずり込まれました。

ヒューマンライツウォッチ(HRW)は、いくつかの目撃者と防犯カメラをチェックしたところ、彼が「武装した男性のグループ」に連れて行かれた時、同僚と電話中であったとのことです。

しかし昨日、カンボジアの警察は彼の失踪について何も知らなかったと言っています。

「私たちはそれについて知りません、それで私たちは何を調査すべきですか?」 カンボジア国家警察のスポークスマン、チャイ・キム・コウンは述べました。

ワンチャルーム氏は、タイで現政府への批判的なSNSサイトを運営していました。それはコンピューター関連犯罪法に違反した疑いがあるとされています。 彼は失踪数時間前に個人のSNSアカウントに謎めいた投稿をしていました、「妥協モード」と。
実は他国へ逃亡したタイの活動家、少なくとも8人の消息が現在も分かっていないとHRWは付け加えた。

カンボジアの内務省のスポークスマンは、HRWレポートは「偽のニュース」である可能性があると示唆しました。

一方、タイのスチューデントユニオンの代表であるパリット「ペンギン」チワラックさんは、バンコクのパトゥムワン地区のスカイウォークで昨日の午後5時から午後6時まで集会を主導し、クーデター批判者の強制失踪の疑いを非難することを表明しました。

ウボンラチャタニの出身であるワンチャルーム氏は、2014年のクーデター後に報告された平和および秩序のための全国評議会に挑むことを求められましたが、彼は現れませんでした。 その結果、彼は軍事裁判所によって逮捕状が出されました。 その後、彼はラオスに逃亡したとのこと。

2018年6月、タイ当局は、タイ政府に批判的なSNSを運営しているとのことで、コンピューター関連犯罪法に違反した疑いに基づいて、ワンチャルーム氏に逮捕状を発行しました。

タイ王立警察は、ワンチャルーム氏のカンボジアでの拉致容疑についてコメントしていません。

警察のスポークスマンは、ワンチャルーム氏の事件は他の容疑者が海外に逃亡する他の事件と同様に取り扱われていると主張し、彼の身柄引き渡しを求めるプロセスを開始したと指摘した。

 

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします