【タイ】有名カーオゲーンのお店が一部撤退へ

2020年6月6日。

みなさんは、カーオゲーンというタイ料理を食べたことはあるだろうか。タイ料理を食べたことがある方なら、きっと何度か食べたことあるはずだと思う。

いわゆる「ぶっかけ丼」だ。

デパートなどのフードコートや屋台などへ行くと必ず目にするタイ料理かと思う。

youtuberなどとしても知られているタナデックさんは、「タナデック」というカーオゲーンというタイ人なら知らない人はいないくらい有名なお店を経営している。
ただ、この新型コロナ禍による「ニューノーマル」への対応は、お店の経営を非常に困難にしているようだ。

従って今回、遺憾ではありますが、6つの支店の営業を取りやめることになりました。
その店舗とは、サラヤー店、ペリィウ店、シンブリー店、マハーチャイ店、パラゴン店、エンポリアム店の6支店がこの度閉店することとなりました。
PTTのガソリンスタンド内や他の12支店は引き続き営業しており、タナデックさんとすべての管理チームが新型コロナの問題を最大限に解決しようとして頑張っています。

「このミッションは必ずや我々に良い結果をもたらすことでしょう。これまでご愛顧ありがとうございました」と自身のSNSで締めくくっている。

タナデックさんはものすごい資産家でもありますので、経営難で閉めるというよりは、やはり新型コロナ対策で明らかに採算をとっていくのは難しいであろうという不採算店舗を先んじて勇退するという経営者らしい判断からであろうと思う。
カーオゲーンというと女性が一人で注文しづらいなんて方もいらっしゃるかもしれないが、タナデックさんのお店は写真のようにすごく小ぎれいでおいしいので、タイ人にももちろん人気のお店となっています。いったことがない方などいらっしゃいましたら、是非一度お試し下さい。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします