【タイ】コーヒーが売れませんと泣き叫ぶ女性

2020年6月2日

同日朝6時00分、モーチットバスターミナル前にある道路標識の上で女性が泣き叫んでいるのをみつけ、すぐさま警察やレスキューなどが駆け付けました。

女性はアランヤさん(48歳)普段はこの周辺でコーヒーを売っているおばさんです。新型コロナの影響か、コーヒーの売れ行きがよくなく借金取りに追われているようで、気持ちに余裕がなくなってしまったようです。道路標識は10メートルくらいの高さがあります。ただよっぽど打ちどころが悪くない限り、致命傷を受ける高さとは言い難いかもしれません。

地元メディアKHAOSODには、その時の現場の様子が動画で掲載されていますが、(KHAOSODをクリック)警察を始めやじ馬たちもあまり慌てた様子ではありません。
とかくタイでは、このように何か窮状があると高いところに登る傾向にあります。日本だと全くと言っていいほどないですよね。これは国民性なのでしょうか。

従ってかどうか、周辺の人もあまり慌てずに時間をおいて、約20分程度で降りてくることになりました。

ここまでしないと誰も話しを聞いてくれる人はいないのでしょうかね~。警察のみなさん、ご苦労様でした。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします