【タイ】これも新型コロナの影響か?~ネット売春

2020年5月19日。

サムットプラカーン県入国警察は、タイ人のタード氏がベトナム人に売春をさせた疑いで逮捕いたしました。タード氏は、SNSで広告をだし顧客を募り、ベトナム人女性にサムットプラカーンにある部屋で売春をさせていたとのこと。価格は一回あたり1、300バーツで、男は手数料として200バーツを差し引いていた。

警察は売春取引の証拠を持っているとのこと。 またタイ人女性が共犯で 顧客などの管理をしていたもよう。

歓楽街で世界的に有名なタイではありますが、現在新型コロナの影響ですべての表立った風俗産業は営業を停止させられています。またネット社会の進行著しいタイでは、こういったネットを利用した隠れたサービス業が今後、蔓延していくのではないかと懸念されます。

 

参考:地元ニュース映像ch3

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします