• 月. 10月 18th, 2021

プーケットサンドボックス、外国人観光客初の感染者

Byサイト運営

7月 7, 2021

タイは7月1日から隔離検疫に入ることがなく、ワクチン接種済みの外国人観光客を受け入れる「プーケットサンドボックス」計画の下で、初のCOVID-19陽性患者が発見されました。
これは7月1日から6日間で、プーケットを訪れた2113人の外国人観光客の内の一人となります。

アラブ首長国連邦のドバイから6日プーケットに到着した外国人観光客は、6日COVID-19の検査で陽性と判断され、治療のために病院に入院となりました。
同じフライトに同乗した他の13人の乗客も2週間の隔離を促しました。

プーケット保健局長のクサック博士は、7日(水曜日)、この観光客は到着時に綿棒テストを受けた後、午後12時30分頃にプーケット国際空港に到着し、結果を待つためにホテルに直行したと語っています。

72時間以内の陰性証明書をもって入国しているはずなので、その間に新たに感染したとしても、すぐに症状は出ないはず。
と言うことは…、必然的に陰性証明書が怪しいか、検査が間違っているかとなりますかね。
もしくは他の可能性もあるのでしょうか。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP