【タイ・バンコク】4月10日~4月20日までの酒類の販売を禁止

4月9日。
本日、タイの首都バンコクでは
4月10日~4月20日までの酒類の販売を禁止するとの発表があった。

例年、4月13日から15日あたりまでをタイのお正月(ソンクラーン)としており、
ご近所さんや近親者などで酒盛りする機会が増えるシーズンだ。

今年は、新型コロナウィルスの影響で、
ソンクラーン休みやイベント自体の延期が既に決まっているが、
それでも巷のタイ人からは「家単位や小規模ならソンクラーンを祝っても平気だ」
と言う声をよく耳にする。

おそらくこれは現在、一般的なタイ人が抱いている思惑に相違ないだろう。

また新型コロナウィルスの影響で、大勢で集まること自体も禁じているので、
酒類の販売も禁止し、タイ政府の新型コロナウィルス対策に徹底抗戦を挑む覚悟が窺い知れる。

こちらもご参考に:【タイ】総勢30人以上!麻薬パーティー逮捕時の緊迫した映像

バンコクでは、自宅待機の方も多いかと思いますが、
新型コロナウィルス対策関連の規則には、かなり厳格です。
みなさんも、くれぐれもご注意ください。

 

なお、既に酒類の販売を禁止しているエリアと期間はこちら

  • サコンナコーン 3月31日~4月16日
  • チェンマイ 4月10日~4月20日
  • ラヨーン 4月3日~4月15日
  • ブリーラム 4月2日~4月30日
  • ムクダハーン 4月6日~4月30日
  • スパンブリー 4月4日~4月30日
  • ナコンパトム 4月2日~4月30日
  • ラムプーン 4月1日~4月30日
  • チョンブリー 夕方6時から翌朝6時まで
  • スリン 4月2日~4月30日

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします