【情報】5月の連休を先送りに?!

2020年4月27日。
COVID-19状況管理センター(CCSA)の
Thaweesil Witsanuayothin博士は、
5月にある祝日が長期連休を作り出すことで、

人々が旅行に出かけより多くの感染者を出すことに懸念を抱き、
会議の結果、祝日の振り替えを提案し合意したことを発表した。

ちなみに5月1日は「労働者の日(レイバーデイ)」、5月4日は「戴冠式の日」、
5月6日は「仏誕節(ヴィサカブーチャ)」、5月11日は「農耕祭」となっている。

3月に早々と延期を決めた、タイのお正月「ソンクラーン」休み同様、
振り替えは保証するとのことなので、
タイ政府は、もう少し新型コロナウィルスの状況を封じ込めてから
解禁に踏み込む様子だ。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします