元風俗界のゴッド爺ちゃんチュウィット氏、3人の元入国管理警察官の悪事を暴露。

またまた元風俗界のゴッド爺ちゃんであるチュウィット氏が、爆弾を落としました。

入国管理局は、外国人犯罪者が「研究や基金」を理由に滞在を延長することを防ぐために、ビザ延長の基準を改訂すると発表しています。

入国管理局は、ビザ延長の基準を改訂するための作業部会を設ける予定であり、この改訂では、財団で働く、治療を受ける、または勉強を続けるために滞在する外国人に関係するものだと説明しています。

そして基準はより厳しくなるだろう、と述べています。

入国管理局は、元風俗王で元政治家、今は暴露系人物として話題のチュウィット氏が、3人の元入国管理警察官が、中国犯罪集団が設立した財団のメンバーの長期滞在許可に対し、便宜を図ったと暴露したため、このような発表となったと報じられています。

現在この問題について、26支部の入国管理警察が中国人のビザの承認について尋問を受け調査を行っているとのことです。

昔の政権では、このようなことがあっても調査すらしなかった印象ですが、最近はいくばくか前進しているようです。
がんばれ、ゴッド爺ちゃん!

関連記事

最新記事

ページ上部へ戻る