タイ警察、オーバーステイの取り締まり強化週間実施中。出かける時はパスポートを忘れずに。

タイ移民局では現在、一部の地域でX線作戦と呼ばれるタイ全土でオーバーステイに関する取り締まりを強化しています。

オーバーした程度に関わらず、タイ全土で複数のオーバーステイ者を逮捕したと報じられています。

この掃討作戦は公式には12月1日から12月10日まで実施され、来たるクリスマスと年末年始の安全を確保することを目的としています。

タイ王国の入国管理局は、オーバーステイでありながらも国内にいる者のチェックだけでなく、書類のチェックも行われています。

外国人旅行客が集まるパタヤ市内も例外ではなく、バーやナイトクラブへも警察は毎日のように捜査に入り、襲常連客はパスポートとスタンプまたはコピーを提示するよう求められています。

今のところ、オーバーステイの取り締まりは続いており、入国管理局はすべての観光客と外国人居住者に、合法的に滞在していることを証明するものを常に持つように促しています。 

私の知り合いは以前、コピーのパスポートは受け付けられないと言われ2000バーツ支払わされたというケースがありました。
確かに厳密にはパスポートの原本は携帯する必要があると言われていますので、〇〇目当ての厳しい警官に捕まったら、この限りではないのかもしれませんが…。

関連記事

最新記事

ページ上部へ戻る