圧巻!数千匹の猿たちが街を占拠。第34回「ロッブリーモンキーフェスティバル」

タイでは現在、新型コロナ感染者は増加傾向にありますが、新型コロナウイルス対策がほぼ全廃され、さまざまな日常が戻ってきています。

11月27日、第34回「ロッブリーモンキーフェスティバル」がタイ中部のロッブリー県で開催され、この都市に生息する数千匹の猿たちに中国式の宴会が用意され、地元民と外国人観光客を楽しませました。

今回のコンセプトは「猿が猿を給仕する」で、イベント会場であるプラプラン サムヨット寺院の前には、タイの衣装に身を包んだ30体の猿の像がおいしい食べ物を載せたトレイを持って、本物の猿を出迎えます。

ハヌマーンのオードブル、チャーハン、1キロあたり700バーツのドリアンやブルーベリーなど、サルが大好きなさまざまな野菜や果物、料理などが提供されました。

関連記事

最新記事

ページ上部へ戻る