• 金. 12月 2nd, 2022

ワールドカップがあっても、バーやパブなどの営業時間は最大で午前2時までです。時間超過による摘発にご注意下さい。

Byサイト運営

11月 20, 2022

チョンブリー警察は、7つの規則を採用してパタヤの娯楽施設の清掃と取り締まりを行っています。
観光客の流入以来、パタヤでは多くの事件や違法行為が発生し、付近住民を不安に陥れています。

7つの規則とは、次のとおりです。

①20歳未満の未成年者のバーや娯楽施設への立ち入りを禁止します。
②レストランを含むあらゆる場所で、20歳未満の未成年者へのアルコールの販売は禁止されています。
③娯楽施設は閉鎖し、法定の閉店時間までにすべての顧客を退出させる必要があります。現在ゾーンに応じて深夜0時から午前2時までとなっています。
④法定時間外のアルコール販売は、すべての会場で禁止されています。
⑤娯楽施設への武器や違法薬物の持ち込みは禁止されています
⑥娯楽施設での人身売買を許可することは禁止されています。
⑦いかなる場所においても違法なギャンブルを許可することは禁止されています。

11月20日にFIFAワールドカップが始まり、多くの試合が午前2時頃に行われることから、事業者らはバーや娯楽施設の営業時間を合法的に遅らせたいという希望を表明しています。
しかし警察はタイ内閣が営業延長に関する正式な承認を出すまでは、ワールドカップの試合があろうが遅くまで営業を許可することはないと断言しています。

通報などにより摘発に合う可能性もありますので、時間には十分にご注意下さい。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP