• 金. 12月 2nd, 2022

これがバンコクの「APEC首脳会議」のディナーメニュー!コンセプトは「サステナブルなタイ料理」

Byサイト運営

11月 17, 2022

11月18日19日で開催されるAPEC首脳会議ですが、各国首脳たちに振舞われるガラディナー(特別なディナー)についてタイのメディアが紹介しています。

APEC首脳のガラディナーを担当するシェフのチュムポン・ジャンプライ氏は、すべての食材が国内で調達されており、コンセプトは「サステナブルなタイ料理」であると説明しています。

ガラディナーでは、 5コースのタイ料理が提供されると述べています。
1品目はアミューズブーシュ(オードブル)、2品目は前菜、その後はサラダ、メイン、デザートとなります。
すべてのメニューがハラールフード(イスラムの戒律上合法の食べ物)であり、タイの原材料を100%使用しています。

メニューは、2022年のAPECのテーマである「オープン、コネクト、バランス」に準じています。
同シェフは、タイ料理の8つのフレーバーが、グルメ体験の心を「オープン」させるために使用されていると説明しました。
「コネクト」は、GI(原産地)対応商品をはじめ、全国各地の産地から原材料を調達することで、地方都市との「コネクト」を表現しています。
充足経済の原則の使用とサスティナブル(環境への配慮)な開発との順守は、テーマの「バランス」の部分を表しています。

アミューズブーシュは、カリカリの金色のカップにクリームソースとチョウザメの卵が入ったメニューです。
これは、ドイインタノンロイヤル プロジェクトの製品が使用されています。

前菜は、タイの4つの地域をフィーチャーし、タイの地図を背景に一口サイズで提供されます。
料理名は「ウェルカム・トゥ・タイランド」。
カオソイは北部を代表し、トムヤムは中部地域を代表し、コラート和牛のグリルは東北部を代表し、ベトンチキンのグリルは南部を代表します。
これらのメニューは、今週の APEC 経済首脳会議を取材する報道陣も試食しています。

サラダコースは、タイ各地の公営企業の有機野菜9種を使用したタイのスパイシーサラダ。
サラダには、オーガニック チキン、プーケット産のレインボー ロブスター、スパンブリー産の鴨の漬け卵も添えられています。

メインコースは、ビーフマッサマンカレー、タイ野菜のラタトゥイユ、スズキの亜種、タイ香りジャスミンライス、玄米ミックスで構成されています。
ビーフは、サコンナコンの有名なフォンヤンカム協同組合から供給され、スズキの亜種はプーケット県の海で漁獲、ジャスミン香り米はクラローンハイ産です。

デザートコースは、タイ風ベーカリーカスタードとパッションフルーツシャーベット。
サイドには、ココナッツ風味のカノムトゥアイ、チェンマイのタイブランデー入りチョコレート、ライチマカロン、パンダンプディングなどがあります。
北部地域のお茶やナーン県のコーヒーとともに、タイの果物も提供されます。

このフードメニューには、APEC2022の開催をすべての国民にとって有益なものにするという政府の意図が反映されています。
タイのすべての地域から高品質の食材を提示するすべての機会は、経済協力を拡大する目的で活用されています。

 

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP