• 火. 11月 29th, 2022

身寄りのないニュージーランド人がプーケットで自宅に大量の武器を所有。

Byサイト運営

11月 7, 2022

タイのニュースは、日本のそれと比べて非常にふり幅の大きいものが数多く存在します。
銃などの殺人兵器が、一般社会に拡散されていることもその一つかもしれません。

63歳のニュージーランド人がプーケットで、大量の武器を所有していたとして逮捕されました。

11月7日、カトゥー地区ソイベーフアにある自宅で、ニュージーランド人のガレス・アラン・デイビス氏 (63 歳) は逮捕されました。

彼の自宅で押収されたのは、AKライフルとM16を含む7丁のライフル、19丁の拳銃、11丁の手榴弾、および多くの弾丸でした。

入国管理官の調べによると、デービス氏は合法的にタイに23年間住んでいました。
彼は、タイ人女性のパンニーさんと20年間結婚生活を続けていたが、彼女は5年前に亡くなっていました。

デービス氏は、5年前から障害があり、歩くことができませんでした。
彼にはタイに家族や親戚はいません。

これまで彼は、ブラックリストやウォッチリストに載ったことはなく、法的問題はありませんでした。

結局現時点でデービス氏も警察も、彼が武器を収集した理由や警察がそれらをどのように得たかについて説明していません。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP