• 水. 10月 5th, 2022

「ポップコーンガンマン」が釈放。懲役37年が8年で放免に。

Byサイト運営

9月 19, 2022

矯正局は、「ポップコーンシューター」として名高いウィワット(通称「トップ」)受刑囚を釈放したと発表しました。

「ポップコーンシューター」としても知られるウィワット受刑囚は、2014年2月1日にラクシー交差点で約20発ほど発砲し、1名が死亡、3名が重傷を負わせ服役していました。

最高裁判所は、彼に37年4か月の判決を言い渡しましたが、9月15日に釈放されたと地元メディアでは報じています。

ラクシー地域は国内治安区域とに指定されておりましたが、総選挙の前日に政府の反対者と支持者の間で銃撃戦が行われました。

彼の犯行を撮影した写真が、ポップコーンの袋の中に隠されたライフルから発砲している姿を映し出していたため、彼のことを「ポップコーンガンマン」と呼んでいました。

ラクシーでの暴力は、2014年のプラユット将軍によるクーデターに最終的につながったいくつかの事件の1つでした。

37年の刑が8年ででてこれてしまう。
犯罪者にとっては、居心地がよいでしょうね。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP