• 水. 10月 5th, 2022

「タイでのマリファナ使用の自由化を直ちに停止せよ!」1,363人の医療関係者が署名運動。

Byサイト運営

9月 20, 2022

まだまだこの国にも利権に囚われない良識人が存在するようです。
しかしその声はか細く、すぐにも荒波に飲み込まれてしまうかもしれません。

9月19日月曜日、合計1,363人の医師とスタッフが、タイでのマリファナ使用の自由化を直ちに停止するよう公衆衛生省に要求する署名を行いました。

この嘆願書は、公衆衛生省が大麻と麻を合法化するという発表に続いて、アヌティン大臣の「絶対にマリファナを麻薬として認めない」という発言に触発され発せられました。
現在、依然としてマリファナの使用を包括的かつ安全に管理するための政策や法執行ガイドラインは実施されておらず、タイは最も自由なマリファナ天国と世界から呼ばれています。

声明には次のように書かれています。
「現在タイの地域社会で個人的な快楽のためにマリファナが広く使用される結果となっており、子供、ティーンエイジャー、脆弱なグループによる大麻使用へに対し障壁がなく、彼らが自由にマリファナを使用することができます。これは、政府が主張する大麻合法化の目的に完全に反するものです。 」
「医学的適応のないマリファナの使用は、子供や青年の体と脳の発達に重大な影響を与える可能性があることが科学的に証明されています。したがって、大麻の自由化の現在の状況は、短期的にも長期的にも、公衆衛生システムに対する真の脅威です。」

大麻に関する法案はまだ制定されておらず、政治家によって議論されてはいます。
20歳未満の人々への大麻の販売と使用の禁止、学校や政府機関での使用の禁止などの一時的な法律や規制が可決されていますが、それを取り締まる法律がありません。

それでも政府が無関心なのは、政府が主張する大麻合法化の本来の目的に完全に合致するからではないでしょうか。

また学校での蔓延が非常に心配です。
折角タイに家族と共に赴任したと思ったら、お子さんがマリファナを覚えて帰国したんでは、なんのための海外赴任だったのかと嘆くことになりかねません。
学校関係者も立ち上がるべきではないのでしょうか。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP