• 金. 9月 30th, 2022

チョンブリーのビーチで3歳児が感電。オブジェにはボロボロの電線が…。

Byサイト運営

9月 2, 2022

とにかくタイは、電気ショート関連の事故が多すぎるのですが、電力会社は無関心なのでしょうか。

3 歳の子供が、サタヒープのバンサライ ビーチの近くで金属チェーンに触れた後、重度の感電に見舞われ入院する事態となりました。

ポーンチタさんによると、恐ろしい事件は8月30日の20時頃に発生しました。
彼女と息子さんは一緒にバンサライ ビーチを歩いていて、ビーチサイドにある金属チェーンで飾られたプロペラの記念碑を見に来ました。

突然、3歳の息子が金属製のチェーンをつかんだ後、痛みで悲鳴を上げ、母親を驚かせました。
付近の大人が幸運にも息子に手を差し伸べ、チェーンから手を引き離し重傷を免れたと言います。
救助した人も、息子さんに触れたときに電気ショックを感じたと証言しています。

子供は手のひらに火傷を負い、まだ病院で治療を受けています。

地元メディアがプロペラの記念碑を調べに行ったところ、金属フェンスに接続されたワイヤーが見つかりました。
ワイヤーは完全にぼろぼろな状態で、このままでは雨の日に多くの人が感電する可能性があったため、バンサライ行政区の役人を呼び、この問題を処理するよう陳情しました。

当局者は3歳児の医療費を負担し、市職員にワイヤーの修理を指示すると述べたと言います。

普通に生活していて感電したり、電気ショートで火事が起こったり、あなたが当事者だったらどう思います?

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP