• 水. 10月 5th, 2022

医療体制急務! またもやムエタイの試合が元でタイの選手が、1歳8カ月の息子を残し死亡。

Byサイト運営

8月 15, 2022

ムエタイ戦士ペッケン・ガイヤーンハーダーオ選手が8月13日、試合中の負傷による脳損傷を受けて死亡したと報じられました。

ラジャマンガラ工科大学プラナコーン校にあるペッケン選手の格闘技クラブによると、マレーシアでの試合での負傷が原因で死亡したと述べています。

本名キティチャイ・ジェーンカーオの死は、7月15日の試合が元で死亡したパンペット選手の事件からわずか3週間たらずしか経過していませんでした。

彼の死は、ムエタイの試合でより良い医療を求める声につながっていました。.

大学の格闘技クラブは公式サイトで、大学の卒業生であるペッケン選手を熟練したムエタイ選手と見なし賞賛しています。
3月5日から25日までシーサケートで開催された第47回タイ全国大会では、ペッケン選手がトレーナーを務めパッタルンクラブの選手たちを成功に導いたと功績を称えています。.

一方、彼には1歳8カ月の息子さんがおり、バンコクのペッティンディー・アカデミー・ムエタイ・ジムのオーナーは、キティチャイ選手の家族に10万バーツを見舞金として渡しお悔やみを送りました。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP