• 月. 11月 28th, 2022

タイ政府「サル痘」を伝染病と宣言しないと決議。

Byサイト運営

7月 26, 2022

7月25日タイ政府は、サル痘ウイルスの封じ込めはそう難しくないと当局が確信しているため、サル痘を別の深刻な伝染病と宣言しないことを決定しました。

疾病管理局の疫学部門は、全国的な疾病の監視措置を強化することで十分に封じ込め可能であると述べています

サル痘の性質はまだ伝染病法の定義に適合していない、と当局者は付け加えました。
「深刻な伝染病は、重篤な症状を示し、容易かつ迅速に感染拡大するというのが定義としてあります」

タイは7月21日木曜日に最初のサル痘患者を発表しました。
初の感染者はプーケットの27歳のナイジェリア人でした。

このナイジェリア人は、金曜日にタイからカンボジアへの国境を違法越境し、翌日カンボジアの首都で逮捕された後、プノンペンのクメールソビエト友好病院で治療を受けています。

世界保健機関(WHO)は、土曜日にサル痘を「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と宣言し、加盟国に対し効果的な対処方法を見つけるよう促しています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP