• 木. 12月 8th, 2022

電子タバコで急性肺炎や呼吸不全に。米国で症例多数とチュラ大医学部が警告。

Byサイト運営

7月 16, 2022

医師は、大麻を含む電子タバコを娯楽目的で使用することの危険性について警告し、肺の損傷や急性呼吸不全を引き起こす可能性があると述べています。

チュラロンコーン大学医学部の准教授であるティラ博士は、米国疾病予防管理センターからの情報を引用して、大麻油を吸うことの危険性について警告しました。

報告によりますと、米国の10代の若者は、2019年から2020年に大麻抽出物を含む電子タバコを使用したことで急性肺炎を患っていたことが判明しました。
2020年までのデータでは、2,807人がそのような症状を発症したと記録されています。

娯楽用大麻の使用は最近多くの米国の州で合法化されており、特に10代の若者に有害な影響を与える可能性があるという懸念が高まっています。

タイの医師もこの問題について懸念を表明しており、手頃な価格と入手の容易さのおかげで、ベイピング(電子式と加熱式)大麻の人気が高まっていることを指摘しています。
また、これらの製品を入り口に、もっと強力な薬物に手を出す危険性が高まっていることも指摘しています。

合法化してから、一斉にマリファナが危険だと叫び始めましたが、一体どっちなんでしょうか。
誰かの利権が絡んでいたから急いで合法化されたのか、安全だからされたのか。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP