• 月. 11月 28th, 2022

マリファナ合法化はアヌティン公衆衛生相のファミリービジネスのため? の批判に対し釈明会見。

Byサイト運営

7月 13, 2022

7月12日、アヌティン公衆衛生相は、ファミリービジネスに利益をもたらすために大麻とマリファナの合法化を推進したと疑われていることに対し、キッパリと否定しました。

「私は20年以上もの間、シノタイエンジニアリング&コンストラクション(STEC)とは何の関係もありません」と、彼は記者団に主張します。
「会社はかつて私の兄に属していました…私は長い間彼に会っていませんでした。そして会社が取り扱っていたのはマリファナではなく麻です」と説明しています。

農村地域で働く医師グループ「Rural Doctor Society」が、アヌティン氏が麻とマリファナの合法化で恩恵を受けていると非難していました。
麻は昨年、マリファナは今年6月に合法化されました。

同グループは「チャーンビラクルネットワーク」が2021年に子会社を設立し、アヌティンのプムヂャイタイ党によって推進されていた麻とマリファナの合法化法案が議会で通過する前に麻事業にすでに投資していたと述べています。

「チャーンビラクルネットワーク」は、1962年にアヌティン氏の父であるチャバラット・チャーンビラクル氏によって設立された会社で、アヌティン氏は1995年から2004年まで社長を務めてました。

2021年6月に資本金は500万バーツで「Cannatory」という会社を設立しました。
同社は麻を含むハーブの生産を扱っています。
その取締役の1つは、アヌティンの兄弟であるマスタウィン・チャーンビラクル氏が務めています。

「マリファナの合法化の前に会社の免許は失効しており、私の兄は批判を受けてすでにそれを閉鎖した」とアヌティン氏は説明しています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP