• 水. 8月 17th, 2022

日本はタイからの食料輸入第2位。話題のコオロギ粉末もタイから。

Byサイト運営

7月 10, 2022

タイは日本への農業輸出を増やし、二国間貿易収支である1,300億バーツをさらに強化することを目指しています。

プラユット首相は、関係機関に対し、国産農産物、特に日本向けの海外市場の拡大を政府が支援するよう要請した、とスポークスマン述べています。

商務省によりますと、日本はタイで2番目に大きな農産物と食品の輸出相手国です。

2019年から2021年まで、タイからの農業輸出総額の11.35%を日本が占めています。

商務省の関係者やその他の代表者が最近日本を訪れ、ロジスティクスおよび倉庫業の民間企業と会い、市場の動向、機会、顧客の行動について詳しく学びました。

政府は、運用コストを削減するために、ロジスティクス技術でのさらなる協力を期待しています。

農業協同組合はまた、高崎市経済大学およびフューチャーノート社と協力して、食料生産の持続可能性を研究しています。

フューチャーノート社は、タイからコオロギタンパク質粉末を輸入してスナックを製造しています。

商務省はまた、知的財産局および日本の農林水産省(MAFF)と協力して、3つの地理的表示(GI)製品であるチェンライのドイトゥンコーヒーとドイチャンコーヒー、およびウタラディットのフアイムンパイナップルを宣伝しています。 

文中のコオロギたんぱく質は、近い将来迎えるだろう深刻な食糧危機に対し、非常に有効な食物として注目が集まっています。
最近では、ZIPAIRが機内食として、コオロギ粉末入りスパゲティを売りに出して話題を集めていました。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP