• 木. 8月 11th, 2022

タイの富豪による6つ星ホテルの開発がチャオプラヤー川沿いに進行中。

Byサイト運営

7月 6, 2022

新しい6つ星の「ナアムホテル」の開発が進行中です
タンシン家は、既存のラマダプラザ(byウィンダムバンコクメナムリバーサイド)の隣に、40億バーツのリバーサイドプロジェクトを建設するための環境承認を待っています。

メナムフォーラム社のディレクターであるデーチャ・タンシン氏は、新しいホテルは、チャルーンクルン通りにある既存のホテルの隣の川沿いの区画に設定されていると述べています。
環境影響評価(EIA)報告書の承認を受けて、同社は来年、250室のホテル建設を開始できるようになります。

2017年に設立されたメナムフォーラムは、新しいホテルを開発するために2億4000万バーツの資本金で設立されました。
マリー夫人が率いるこのファミリーは、地方に広大な土地を所有しています。

マリー夫人が所有する最大の区画は、30年前に買収されたナコンパトムのサラヤ地区にある300ライの区画です。
土地は分割され、彼女の子供たちに配られました。

デーチャ氏に与えられた1つは、12ライの土地で、そのうち7ライは、コンドミニアムプロジェクト、ホテル、サービス付きアパート、女性寮を兼ね備えた「サラヤーワン」という名前のコミュニティモール開発が行われます。

開発には1,500平方メートルのサラヤーワンライフスタイルモールと賃貸住宅も含まれます。
これらは、130戸のサービス付きアパート、100の女性用寮の部屋、100の主要なホテルで構成され、すべてが2023年半ばまでに完成します。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP