• 月. 11月 28th, 2022

マリファナは「こっそり」と売ってね。大麻規制委員会議長が認める法整備の不備。

Byサイト運営

7月 1, 2022

6月30日、大麻規制法案を審査する特別委員会の議長は、新法が公布される前の移行期間中、小売り店に「堂々と販売行為をしないように」と促しています。

マリファナと麻の規制法案を審査する委員会議長は、新しい法律が制定されると、娯楽目的で大麻を販売することは誰にも許可されないと述べています。

委員会では、カオサン通りでタバコの紙に包まれたマリファナを公然と販売しているのが見られたという報告に言及しています。

マリファナが合法化された後、警察が法的措置を取るための法律がないことを認めています。

委員会では、警察にそのような取引を防ぐためにカオサン通りでの活動を監視するよう要請しています。
そして、それを売っている人たちに、目立たなく売るように求めます。

一部の食品店がバイヤーに通知せずに大麻の材料を食事に混ぜているという懸念について議長は、マリファナが料理に使用しているすべての店では、消費者にそのことを通知するように指導しています。

法律があって罰則があっても、守らない罰しない国民性に、言葉のみの指導がどれほど通用するというのでしょうか。
そして「売ってもいいけどこっそりやれ」とは…。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP