ミャンマーで蔓延している新型コロナウイルスはさらに新型。感染力も20%強力。タイへの感染拡大は防げるのか?

写真はイメージです

密入国でミャンマーから新型コロナをお土産に逃げかえってくるタイ人が、タイ国内に再び新型コロナの恐怖が懸念されておりますが、
マヒドン大学医学部長のプラシット・ワタナパ博士は8日火曜日に、ミャンマーでの新型コロナ感染拡大について状況を説明してくれています。

ミャンマーでは新型コロナ対策が行き届いておらず、感染者の追跡など半数も把握できていないため、ウイルスはミャンマー国内で200倍速く広がったと彼は言いました。
またミャンマーに存在するウイルスの株は、ウイルスが最初に検出された中国の都市、武漢のもの、D614株とは非常に異なると言います。

西側の人々に感染しているG614株は、3月23日にミャンマーで最初の症例が検出されて以来、ミャンマーでも蔓延しています。
この株は、元の株よりも20%速く増殖する可能性があります。

強制的な入退出の管理を拒否したり、情報を隠したりすることは、自分自身だけでなく、家族、社会、医療関係者にとっても危険です。
これは、一つの弱点が国に大きな影響を与え、社会に悪影響を与える可能性があることを示しています。
マスクを着用し、手を清潔に保ち、距離を保つことで、ウイルスに対する免疫力を高めることができます」と付け加えた。

気候が涼しくなり、ミャンマーやマレーシアなどの近隣諸国での感染数が増加し、集会も行われている。
病院は、感染症の増加に備える必要があります。

タイは、アストラゼネカと2600万回分のワクチン購入と現地生産のサポートに関する契約を締結しました。
これまでに90%の効果があることが証明されているアストラゼネカワクチンは、タイ食品医薬品局によって今後3回はテストされる必要があり、これには約1か月かかります。
その後、ワクチンの製造にはさらに4か月かかります。

つまり、早くて2021年5月以降に最初の予防接種が予定されています。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします