• 水. 8月 17th, 2022

度重なる問題発生に、ナジョムティエンビーチでの屋台設置が禁止に。6月27日より。

Byサイト運営

6月 25, 2022

ナジョムティエン市、サッタヒープ海軍基地、サッタヒープ地区、ナジョムティエン警察署、パタヤハーバーオフィスの5つの公的機関は、6月27日よりナジョムティエンビーチをベンダーフリー(屋台禁止)ゾーンとすると宣言しました。

当局によると、違反者は逮捕につながる厳しい処置が科されます。

6月23日木曜日、新しく拡張されたナジョムティエンビーチでのベンダーの侵害に関する長年の論争に決着がつきました。
宣言によると、ベンダーフリー(屋台禁止)ゾーンの目的は、ビーチを保護し、「住民や観光客がリラックスできる公共の場所」のみに制限することでした。

海洋局は、ナジョムティエンビーチを6億バーツかけ、ビーチ回復プロジェクトと称して改修をかけました。
しかしその後、ベンダーのグループが通路に屋台を置き、照明を吊るし、顧客のために椅子を設置などし、ビーチを占領するに至りました。
これにより、交通渋滞、屋台主らの縄張り争い、環境の悪化など、多くの問題が発生していました。

したがって、ナジョムティエン市、サッタヒープ海軍基地、サッタヒープ地区、ナジョムティエン警察署、およびパタヤハーバーオフィスは、同ビーチの屋台設置を禁止する措置を決定し、宣言することとしました。
2022年6月27日より、ナジョムティエンビーチではあらゆる種類の商業利用が禁止されます。
違反者は、法執行機関によって逮捕されることとなります。

やはり政府がきちんと取り締まりを行って、人々を導いていかないと、いつまでたっても後進国のままでしかありません。
在住者の立場からものを言わせてもらうならば、観光立国を目指すにも新型コロナ後は、整然と管理された誰もが楽しめるワンランク上の観光地を目指して欲しいものです。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP