• 金. 12月 9th, 2022

だるまさんは転んだまま? フランチャイズ日本食レストラン「だるま」が事件化へ。

Byサイト運営

6月 22, 2022

タイは詐欺が横行しすぎていて、人間不信になりそうです。

既にお伝えしている通り、フランチャイズで展開している日本食レストラン「だるま」が突如閉店となり、オーナーや幹部らがドバイに高跳びとしたと噂されている件が、事件化されようとしています。

フランチャイズで支店を持つオーナーらが、中央調査局(CIB)に出頭し、被害の実状を説明しました。
そのうちの1人は、2か月前に250万バーツ以上の契約金を支払ったが、これまで支店を開くことができなかったと主張しています。

別のオーナーは、200万バーツのフランチャイズ費用を支払ったが、契約の一部であるサーモンなどの食材が配達されなかったため、レストランを開くことができたのは2か月間だけだったと述べています。

顧客側では、199バーツのビュッフェクーポンが閉店のため全て利用できない状況にあり、500人規模で被害者が訴え出ているとも言われています。

Watcharaphonの別の支店の所有者であるThidaratThanwittayanonは、新しい支店を開設するよう招待され、250万バーツの契約に同意したと述べました。初日は6月18日からの予定でしたが、できませんでした。

消費者保護委員会(OCPB)のアヌシャー氏は、OCPBは入国管理局と調整して、「だるま」のオーナーが噂されているように、国外に出て行ったかどうかを確認すると述べています。
「私たちは、警察とDSIが協力して問題を調査していると信じています。被害額は非常に大きいと予想され、多くの利用者や支店主に大きな影響を与えています」

倒しても起き上がってくる本来の「だるま」のように、復活はありえるのでしょうか?

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP