• 金. 7月 1st, 2022

7年前に起きた手榴弾事件の犯人に判決。死刑から減刑の上、懲役34年4カ月。

Byサイト運営

6月 18, 2022

7年前にバンコクのラチャダーピセーク刑事裁判所の駐車場に手榴弾を投げ込んだ男性二人に対し、テロ行為と殺人未遂の罪で34年4か月の刑を言い渡されました。

他の12人の被告は、証拠不足のため無罪となりました。

起訴状によると、マハヒンとユッタナーYutthanaYenpinyoは、他の12人とともに、2015年2月と3月に全国のいくつかの場所で爆弾攻撃によって政府の信用を傷つけるために不安をかき立てる計画に関与しました。

この事件は2015年3月7日に発生しました。
マハヒン容疑者とユッタナー容疑者は、ラチャダーピセーク通りに沿ってバイクを走らせ、刑事裁判所の出口ゲートに到着すると、ユッタナー容疑者が手榴弾を駐車場に投げ込み、その後大爆発が発生しました。

裁判所は当初、双方に死刑を宣告しましたが、34年4か月の刑に減刑されました。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP