• 金. 7月 1st, 2022

コーンケンで100人以上が「大麻」摂取により入院。娯楽目的の使用は処罰の対象です。

Byサイト運営

6月 18, 2022

タイで大麻が合法化されて以来、コーンケンでは100人以上が大麻アレルギーまたは過剰摂取の疑いで入院する事態となっています。

同県の保健所は、大麻による治療は医療スタッフの監督の下でのみ進められるべきであると述べています。

また公衆衛生法の下で罰金、懲役、またはその両方をもたらす可能性があるため、薬物の娯楽的使用を避けるように人々に通達しています。
公共の場での大麻の娯楽目的での使用は依然として違法です。

入院した100人以上の人々が、大麻を吸引したり食べ物や飲み物で摂取し、その副作用に苦しんでいます。

ほとんどの患者は軽度の症状ではありましたが、1名は薬を吸った後に精神的な問題に苦しんでいます。

一方バンコク当局は14日火曜日に、4人が大麻の過剰摂取の疑いで病院へと搬送され、1人が心不全で死亡したと報告しています。

写真はイメージです。記事内容とは無関係です

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP