• 金. 7月 1st, 2022

バンコクの洪水対策に囚人を起用。7月1日より模範囚がバンコクの下水道をきれいにします。

Byサイト運営

6月 7, 2022

バンコク都(BMA)は、2年間の停止されていた囚人による下水道掃除を7月1日から復活させることになりました。

6月7日バンコクのチャチャート新知事は、矯正局長官のアーユット氏と会談し、運河と排水システムを浚渫するために囚人を起用する案について話し合ったとされます。

バンコク都は以前、この下水道掃除のために囚人を起用していましたが、新型コロナの間プロジェクトは2年間中断されていました。

そして今7月1日から模範囚を起用し、清掃が開始されます。
市当局は、6,000キロメートルの下水道を清掃する計画であり、1,500万バーツの予算を用意しました。

ただし知事は、最初の4か月で最大500キロメートル分しか清掃できないのではないかと予測しています。

アーユット氏は、この部門は10の刑務所から1千人の「優秀な」囚人を選抜していると述べています。
すべての囚人はワクチン接種され、刑務所に出入りする前に抗原検査キットで検査されます。

囚人は公共の場を歩くことは許可されておらず、彼らの親戚は彼らが働いている間、彼らを訪問することは許可されていません。

同局は、彼らの仕事の報酬として食べ物と飲み物を準備しています。
また報酬の70%は、刑期が終了したときにのみ囚人に支払われます。

模範囚となって、ようやくできる仕事が、地獄のようなバンコクのドブさらい。
絶対に悪いことして刑務所なんかには入りたくないですね。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP