• 金. 7月 1st, 2022

【タイ】隔離ホテルやホスピテルの役割は既に終了。通常営業での営業方針が問題に。

Byサイト運営

6月 6, 2022

タイは、7月から新型コロナウイルス感染症を「一般病」へと分類する意向であるため、ホスピテル(ホテルを隔離病棟として利用)と代替検疫(AQ)施設は通常のホテル運営に戻りました。

タイホテル協会の副会長は、軽度の症状の患者にベッドを提供するホスピテルのサービスは先月で一定の役割を終えています。
オミクロン変異体に感染した人々は、重症になるケースが少なかったので、ホスピテルよりも家庭内隔離を選択する人が増えたことも閉鎖の理由だといいます。。

ホスピテルサービスが終了した後、ホテルは通常の営業に切り替える前に、念入りな清掃およびメンテナンスサービスを実施する必要があります。

以前は、中国のグループに依存していたホテルが最も苦しむだろうと同副会長は述べます。
経験豊富なスタッフがホスピタリティ業界から永遠に去ってしまったため、経験値の高い労働者の不足も課題となっています。

隔離(AQ)施設は、5月31日に保健サービス支援局によって正式に撤廃されました。

一部のAQホテル経営者は、ハラール料理などのイスラム教徒向けのサービスを提供することで中東市場に目を向けていますが、他のホテル経営者は国内の観光客や会議部門に目を向けています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP