• 金. 7月 1st, 2022

500年前の黄金の王冠が米国から返還。

Byサイト運営

6月 2, 2022

イッティポン文化大臣によると、タイは最近、国土安全保障省の支援を受けて、米国から約500年前と思われる仏像の一部である金の王冠を受け取りました。

この王冠は、仏像を飾るためにランナー朝のデザインが施されており、95%の純金で作られていました。
宗教的な供物として、当時人気のあった慣習でした。
重さは、約42.6gあります。

この王冠は現在、バンコクの国立博物館に美術部門によって研究用に保管されています。
将来的には、展示される予定とのことです。

イッティポン大臣は、今回のケースはタイから密輸された遺物をとり戻すために約5年前に政府によって設立された委員会の成果であり、米国国土安全保障省の協力に感謝を述べています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP