• 金. 7月 1st, 2022

ウボンラチャターニー国際空港滑走路でタイ空軍の輸送機が立ち往生。欠航相次ぐ。

Byサイト運営

5月 26, 2022

5月25日水曜日、空軍のC-130航空機の1機が故障し、ウボンラチャターニー国際空港の滑走路を数時間使用不可能にし、一般のフライトがキャンセルとなったため、一般の人々に謝罪する始末となりました。

故障の原因は、C-130のブレーキシステムの問題でした。
同機は滑走路で立ち往生となり、それをクリアするための作戦は、水曜日の21時までに完了する予定でした。

空港の関係者によると、13時10分から20時の間に空港に着陸する予定の5つの航空会社が運航する、約8便が滑走路の封鎖により欠航となりました。

この事故は午前11時30分ごろにC-130が着陸した際に発生しました。
パイロットは、通常通りのブレーキシステムを使用しましたが、航空機の速度を落とすことができませんでした。
その後パイロットは、航空機が滑走路から滑り落ちて周辺地域の住宅に衝突するのを防ぐために、緊急ブレーキを使用しました。

パイロットが機体を操縦し安全に停止させましたが、左右の主脚は破損していました。
そのため、航空機は誘導路に進むことができませんでした。

タイ王国空軍は、空港での通常の航空業務ができるだけ早く再開できるように、滑走路からC-130航空機を撤去する作戦を調整しると述べています。

ウボンラチャターニー空港への旅行を希望する方は、空港に行く前に航空会社に連絡してフライト状況を確認することをお勧めします。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP