• 水. 5月 18th, 2022

タイ国内で気を付けるべき6つの病気~前編~インフルエンザ、デング熱、肺炎

Byサイト運営

4月 27, 2022

タイには、夏季(タイ語:暑い季節)、寒季(タイ語:寒い季節)、雨季の3つのシーズンがあります。

毎年5月中旬頃には雨季が始まり、10月中旬ごろまで続きます。
さわやかな気候の変化ですが、雨季はインフルエンザの季節でもあり、健康上のリスクをもたらします。

タイに地元メディアでは、タイ国内で気を付けるべき6つの病気について解説していますので、そちらをご紹介しましょう。

①デング熱
デング熱は蚊を媒介としたウイルス感染症であり、雨季によく見られます。
通常、この期間中の電線速度は高くなります。
ウイルス感染した「ネッタイシマカ」に刺されて人間に伝染し、その症状には、発熱、筋肉痛、頭痛、赤い斑点を伴う皮膚の発疹などが見られます。

合併症:この病気がデング出血熱(DHF)に発展する可能性が36%あり、制御不能な出血や高熱などのより深刻な症状を引き起こします。
デング出血熱は循環器系の障害を引き起こす可能性があるため、できるだけ早く治療を受けることが必要です。

予防:蚊が出没する場所を避け、虫よけ剤を使用し、地方へ行った際は蚊帳の中で眠るなどします。
またタイで必要なすべてのワクチン接種に加えて、事前にデング熱ワクチンの接種を検討することも対策の一つとなります。

日本脳炎は、もう1つの危険な蚊媒介性疾患です。
それを発症するリスクは、他の同様の病気と比較してそれほど高くありません。
ただし、農村部に長期間住んだり旅行で滞在すると、日本脳炎にかかりやすくなります。
タイでは、チェンマイのような北部地域で流行しています。

②肺炎
伝染性の高い肺炎は、片方または両方の肺の感染症です。
患者は通常、悪寒、発熱、呼吸困難、震えを経験します。
また、喘息などの他の健康問題の副作用である可能性があります。

合併症:肺炎は軽度から重度の範囲ですが、治療せずに放置すると致命的となる可能性があります。
子供、高齢者、免疫力が低下している人は、特に病気にかかりやすくなります。

予防:肺炎の疑いのある症状に苦しんでいる場合は、自分自身を保護し、他の人にそれが広がるのを防ぐために、衛生状態を維持してください。

 

③インフルエンザ
タイの雨季は、インフルエンザ流行の季節とも言えます。
ほとんどの人は、屋外でのモンスーンの大雨を避けるために、屋内で一緒に時間を過ごすことを選びます。
残念ながら、これはインフルエンザの蔓延の可能性を高めます。
インフルエンザは一般的な風邪のより重症となりがちで、体の痛みや頭痛、高熱、長続きする倦怠感などの症状があります。

合併症:喘息、肺炎、副鼻腔炎、気管支炎などがその例です。

予防:バランスの取れた食事をとり、定期的に運動することで、健康を維持し、免疫力を高めます。
定期的な手洗いの習慣も役立ちます。インフルエンザに感染しやすい場合は、インフルエンザの季節が来る前にワクチンを接種することをお勧めします。

 

「タイ国内で気を付けるべき6つの病気~後編」に続きます。

タイ国内で気を付けるべき6つの病気~後編~マラリア、手足口病、レプスピラ症。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP