• 木. 5月 19th, 2022

タイ国内で気を付けるべき6つの病気~後編~マラリア、手足口病、レプスピラ症。

Byサイト運営

4月 27, 2022

もうすぐやって来るタイの雨季。
タイの雨季は、感染症の季節でもあります。

タイ国内で気を付けるべき6つの病気~後編です。

前編はこちらから。

タイ国内で気を付けるべき6つの病気~前編

 

④レプトスピラ症
レプトスピラ症は、人間と動物の両方に被害を与える細菌性疾患です。
それは、感染した動物の血液、尿、または組織で汚染された食物、土壌、または汚水との接触を通じて人に感染します。
レプトスピラ症の保菌者は、ラット、牛、水牛、犬など、人間の生活圏と密接に接触している動物である傾向があります。
大腿部の筋肉痛、発熱、頭痛は、この病気の典型的な症状です。

合併症:髄膜炎、肝不全、さらには死に至る可能性があります。

予防:動物の排泄物で汚染されている可能性があるため、路上での水たまり(汚水)を踏まないようにしてください。
また雨の日は長ズボンを着用し、長靴で足を保護してください。
清潔で消毒された手でのみ顔に触れてください。

 

⑤手足口病
この伝染性ウイルス感染は、感染者の鼻汁、唾液、および便との物理的接触を介して広がります。
手のひらや足の裏だけでなく、口の中に発熱、筋肉痛、痛みを伴う赤い水ぶくれができることがあります。

合併症:重症の場合、脳炎と麻痺が発生する可能性があります。

予防:完全に調理された食品のみを口にするようにしてください。
特に手足口病に感染している疑いがある場合は、他の人と食器や箸などの共有を避けてください。
手を消毒し、便で汚れた衣服をすぐに洗い、全てを清潔に保ちます。

⑥マラリア
マラリア原虫によって引き起こされるマラリアは、チェンマイやパタヤなどの農村地域にのみ存在し、バンコクなどの都市にはあまり存在しません。
それは、デング熱キャリアとは異なる蚊の系統であるハマダラカによって運ばれます。
人間のマラリア原虫には5種類ありますが、最も危険なのは熱帯熱マラリア原虫です。
マラリアの一般的な症状には、発熱、倦怠感、悪寒、頭痛、嘔吐、下痢などがあります。

合併症:臓器不全を引き起こす可能性があります。
さらに、寄生虫で満たされた血球が脳への血管を遮断するため、脳マラリアも心配する必要があります。

予防:デング熱と蚊の予防策は、一般的にマラリアに対しても同様に効果的であることが証明されています。
さらに、地方を訪問することを計画している場合は、抗マラリア薬を持参することを検討下さい。

 

自然と隣り合わせのタイ王国では、日本ではあまり見られない病気も多くあります。
病気はかかる時はかかってしまうかもしれませんが、感染対策によりかなり可能性を軽減することが可能です。
タイで雨季を迎えるのが初めてな方も、そうでない方も、今一度ご自身の感染対策を見直してみても良い機会かもしれません。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP