• 木. 5月 26th, 2022

月曜日バンコクを襲った嵐により、ドンムアン空港の一部の屋根が崩壊。

Byサイト運営

4月 19, 2022

4月18日月曜日の夜、急な大雨がバンコクの一部を襲い、ドンムアン空港の新しいバスターミナルの屋根が崩壊する被害が発生しました。

SNSの写真は、新しく建てられた構造物の屋根と壁が激しい雨水の重みで崩壊したことを示しています。

建物はまだ利用者に開放されていなかったため、負傷者はいませんでした。

今回被害のあった建物は、ドンムアン空港のターミナル1の近くにあり、ツアーグループのサービスホールに予定でした。

サクサヤーム運輸相は、タイ空港公社に崩壊の原因を迅速に調査するよう命じました。
建物は約1年前に完成してはいましたが、Covid-19の影響で解放していませんでした。

月曜日の夕方、大雨と強風がバンコクを襲いました。
エリア的には特に、バンコク郊外のノーンチョーク地区が最も大きな打撃を受けています。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP