• 水. 5月 25th, 2022

「アシッドアタック」(酸攻撃)は使用禁止兵器に定めるべき! パタヤで「アシッドアタック」発生。

Byサイト運営

3月 28, 2022

「アシッドアタック」(酸攻撃)というと、男性優位で女性の立場が弱い地域(主に中東やインドなど南アジア)で若い女性に対して発生するケースが多かったのですが、ネットなどの影響でしょうか。
ここタイでも発生してしまいました。

あるタイ人女性は、元夫に「アシッドアタック」を受け、女性や子供の人権団体パウィーナ・ホンサクン財団を頼り、戦うことを決意しました。

事件は2021年9月に発生しました。
犯人は、待ち伏せし被害者女性(ヌンと呼ばれる)
顔に「酸」で満たされたフラスコを投げつけました。

「酸」は顔と首の部分に飛び散りました。

二人の男が、現場からバイクで急いで逃げるのを確認したと言います。

服とヘルメットに変装した犯人は、彼女が離婚の際、和解することを拒否した彼女の元夫であることが判明しました。

彼らには2人の娘がいましたが、1月から最近まで、犯人である父親と一緒でした。

現在、パタヤのノンプルー警察は、この暴行事件についてようやく重い腰を上げ始めたと言います。

被害者は、「アシッドアタック」(酸攻撃)を受け、複数の合併症に苦しんでいると言います。

彼女は、9月21日に被害にあってから3ヶ月間病院で過ごしていました。

自分勝手な憎しみに支配された人間は、それは既に人ではなくなっているのかもしれません。
他人に対し、苦しみを与えることだけを考える生き物など、世の中に必要でしょうか。
それでも犯罪者は守られるのでしょうか。

戦争にもルールがあり、使用してはいけない兵器が定められています。
個人間の戦争でも使用してはいけない兵器を定め、使用した場合、重大な罰を与えられるよう法改正すべきではないのでしょうか。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP