• 水. 5月 18th, 2022

タイ国政府観光庁と仙台市などが、観光振興協力の継続を約束。

Byサイト運営

3月 17, 2022

3月16日夜、宮城県や福島県を中心に震度6強の地震が発生し、現時点で死者が4人、負傷者が97人という被害が報告されています。
その宮城県の県庁所在地仙台でのニュースです。

タイ国政府観光庁(TAT)は、仙台市および日本の東北地方観光協会との間で、2006年以来の観光振興協力の継続を確認し、レターオブインテント(LoI)に署名を行いました。

3月15日火曜日、TAT知事ユタサック氏は、仙台市長の郡和子氏、東北地方観光庁会長の松木茂氏との仮想調印式を行いました。
TATのアジアおよび南太平洋国際マーケティング担当副知事であるタネス氏と、TATの東アジア地域担当エグゼクティブディレクターであるチューウィット氏が、この署名に立ち会いました。

これは、三者間の観光振興の協力のためのLoI協定であり、4回目の更新になります。
協定は2006年8月にTATと宮城県の県庁所在地であり、東北地方最大の都市である仙台市との間で署名されました。
東北地方観光協会は、2012年に協定に加盟しました。

今回のLoIの更新では2027年3月まで5年間、3者間の観光振興における協力関係が約束されています。

協定に基づき、TAT、仙台市、東北地方観光協会が共同で、日タイ間の双方向観光を促進するためのマーケティング促進活動を組織し、特に各目的地への質の高い観光客の数を増やすことに重点を置きます。

この協定には、仙台市でのタイフェスティバルの開催や市内の旅行代理店へのタイの観光商品のPR協力が含まれ、仙台市と東北地方の観光事業も同様にタイでPRされ、相互の魅力を伝えていくこととなります。

仙台には七夕祭りや光のページェントなど、魅力的なイベントがたくさんあります。
雪は少ないですが寒さ体験もできますので、雪化粧をした街の姿はタイ人にもきっと気に入ってもらえることでしょう。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP