• 水. 5月 25th, 2022

タイに投資すると労働許可証ついてくる!~「タイランドプリヴィレッジ(特権)カード」

Byサイト運営

3月 10, 2022

3月9日,タイ国政府観光庁(TAT)は、「タイランドプリヴィレッジ(特権)カード」が、タイ経済の回復を目的として裕福な外国人投資家を対象とした、フレキシブルプラスプログラムを開始したことを発表しました。

タイ王国政府官報は、内務省によるフレキシブルプラスプログラムに関する発表をしました。
これにより、「タイランドプリヴィレッジ(特権)カード」所有者は、フレキシブルプラスプログラムの下で労働許可を得ることが可能となります。
このプログラムは、外国人からの投資を奨励し、タイの景気を刺激するために設立されました。

フレキシブルプラスプログラムは、10年以上の会員資格を持つ「タイランドプリヴィレッジ(特権)カード」所有者が利用でき、会費の価値は100万タイバーツ以上でなければなりません。

「フレキシブルプラスプログラム」の対象となるカードプログラムには、
①Elite Ultimate Privilege(EUP)、
②Elite Superiority Extension(ESE)、
③Elite Privilege Access(EPA)
以上の3種類があります。

既存の会員がプログラムに申し込むには、会員資格が少なくとも5年以上有効である必要があります。

さらに会員の登録または承認後、1年以内に少なくとも100万米ドルをタイで投資する必要があります。
投資先としての3つのタイプは、
①不動産、
②Company LimitedまたはPublic Company Limitedの設立
③タイ証券取引所(証券取引委員会によって承認されたその他の企業)の株式
以上となっています。

「フレキシブルプラスプログラム」は5年間有効であり、メンバーがフレキシブルプラスのステータスを維持するには、毎年投資の証明を提示する必要があります。

「フレキシブルプラスプログラムメンバーの特権には、VISAの種類のステータスがプリヴィレッジエントリー(PE)VISAから非移民(B)VISAに変更され、カード所有者が就労許可を申請できるようになります。
このプログラムでは、合法的な配偶者と20歳未満の子供(最大3名
)がVISAの種類を非移民ビザに変更することも可能です。

「タイランドプリヴィレッジ(特権)カード」保持者は、ステータスを維持するために、投資開始から5年間、毎年タイプリビレッジカード社に自己申告し、投資書類を提出する必要があります。

あなたも一枚いかがですか?

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP