• 水. 5月 25th, 2022

バンコクを代表するビジネス街で超高層コンドミアム「125 SATHORN」販売開始!

Byサイト運営

3月 9, 2022
タイ・バンコクを代表するビジネス街の中枢を担うランドマークプロジェクトがいよいよ始動します!
東レ建設株式会社(本社:大阪市、社長:角川 政信、以下当社)は、タイ・バンコクにおいて、現地パートナーであるThoresen Thai Agencies社 (以下、TTA社)及び関電不動産開発株式会社(本社:大阪市、社長:藤野 研一)との共同事業会社PMT Property社を通じて、バンコクを代表するビジネス街であるサトーンエリアにて開発される分譲マンション事業(物件名:「125 SATHORN」ワンツーファイブサトーン)に参画し、2022年3月より販売を開始することとなりましたのでお知らせいたします。
建物外観完成イメージパース
建物外観完成イメージパース

※プロジェクト オフィシャルサイト
https://www.125sathorn.com/

■当社事業参画の経緯
当社はこれまで日本国内において、「シャリエ」のブランド名で分譲マンション事業を展開してきましたが、更なる需要の拡大を目指し、成長が持続・拡大している東南アジア諸国での今後の事業展開の可能性について検討を行ってきました。その中でも、東レグループが約60年近くにわたり現地生産事業を行っているタイにおいては、東レグループが長年にわたり培った信頼性と当社の日本国内の分譲マンション事業で培った知識と技術を駆使し充分に事業に貢献できると判断し、今回、本プロジェクトに参画いたしました。今後も住宅市場の成長が見込まれる同国を当社海外事業における重点国の一つと位置付け、TTA社及び関電不動産開発株式会社との良好なパートナーシップのもと、ランドマーク的存在となり得る「125 SATHORN」を皮切りに一層の事業拡大を図っていきたいと考えております。 

■本プロジェクトの立地
本プロジェクトは、タイ・バンコクを代表するビジネス街として名高いサトーンエリアにてコンドミアムを建設、分譲する計画です。サトーンエリアは、大手企業、各国の大使館、有名ブランドホテル等が集積し、職住近接が享受できる生活利便性に優れた注目エリアであり、また、物件所在地はBTS(高架鉄道)「チョンノンシー駅」から徒歩6分と交通利便性にも優れた立地です。エリア周辺では16.7ヘクタールの大型複合施設「One Bangkok」の開発も進んでおり、今後ますます利便性が高まる予定です。
 

■プロジェクト計画概要
約5,300㎡の広大な土地を活かし、総戸数755戸、地上36階建の超高層コンドミアム2棟を建設する計画となります。
大規模開発によるメリットを活かして、建物内にプール、スパ、サウナ、フィットネス、コワーキングスペース等、約20もの共用施設を設置するとともに、大使館が集積するエリアの佇まいを感じさせる貴賓溢れる外観デザイン、日本の四季をイメージしたロビーやラウンジなど、日系企業参画プロジェクトならではの工夫も取り入れています。
“自然との共生~A HARMONY TO NATURE~”をコンセプトとした、サトーンエリアの中枢を担うランドマークプロジェクトとして「125 SATHORN」がいよいよ始動いたします。

■TTA社 副社長 Ausana Mahagitsiri (オーサナ・マハギットシリ) 氏のコメント

 

昨今のバンコクのコンドミニアム市況は、COVID-19の影響を受けていますが、サトーンはバンコクのビジネス特区として繁栄してきており、幅広いライフスタイルの選択肢、アクセスの良さから長年にわたり関心と需要を集めております。日系パートナーのノウハウと、タイの不動産分野における当社の優位性が相まって、市場での成功につながると確信しています。当グループは、新しい技術革新とデザインを通じて、Post COVID-19のライフスタイルの需要に応え、ターゲットとなるお客様に特別に質の高い生活と経験を提供することを約束します。
 

※物件名称及びロゴ※物件名称及びロゴ

※プロジェクト オフィシャルサイト
 https://www.125sathorn.com/

■物件概要

■  Thoresen Thai Agencies社について

・1983年に設立された、タイ大手財閥の一つであるPMグループの法人グループ。タイ証券取引所に上場しており、海運事業を主とする。
・海運事業の他、オフショアサービス、農薬、食品・飲料、その他の投資など、国内外に分散されたバランスの取れたポートフォリオを通じて成長を実現することをビジョンとする

■   PMT Property社について
・Thoresen Thai Agencies社、関電不動産開発並びに当社の3社が設立した共同事業会社。
・本共同事業会社は、独自のネットワークやノウハウ、不動産ソリューションなどの総合力を発揮し、「125 SATHORN」の開発を主体的に推進。
 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP