• 火. 5月 24th, 2022

タイ東北部ガラシンで、米軍の750ポンド爆弾が発見される

Byサイト運営

3月 5, 2022

1950年の朝鮮戦争からベトナム戦争で広く使用された巨大な爆弾が、タイ東北部部のカーラシンの土地で発見されました。

340キロ(750ポンド)のM117弾は、カムムアン警察署管轄のバンドンスアンパッタナーの丘のそばの私有地で発見されました。

土地の所有者は、防火壕を建設するためにいくつかの重機で掘削していました。
この大型爆弾は、地表から3メートル下で発見されました。

昨日、ガラシン県知事のソンポン氏は、爆弾を処理するために、地方行政局、地元の警察、ウドンタニの空軍兵、およびタイ航空局と調整しました。

M117は、米軍が空中投下した爆弾でした。
その使用は2015年に中止されています。

なぜガラシンにあるのかは、未だ不明とのことです。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP