• 水. 5月 18th, 2022

タイ疾病管理局が描く最悪のシナリオでは、ソンクラーンまでに一日10万件の症例数に達する可能性あり。

Byサイト運営

3月 1, 2022

タイ疾病管理局(DDC)は、タイのCOVID-19症例が、最悪のシナリオでは4月のソンクラーンの休日までに10万件を超える可能性があると警告しています。

DDCは、感染レベルが今後数週間で減少するか増加するかは、一人一人の安全上の注意がどれだけ厳密に守られているか次第だろうと述べています。
当局はまた、パーティなどの集団活動を避け、自宅で仕事をし、不必要な旅行を延期し、高い免疫率を維持し、VUCA(ワクチン、ユニバーサル予防、COVIDフリー設定、およびATK)の手引きに従うように国民を諭しています。

DDCは最も楽観的なシナリオでは、一人一人が予防策を実施することよりに、今月の半ばまでに約2万件に保つケースが考えられると述べています。
その中間のケースでは5万人を超える場合であり、最悪のシナリオでは、4月中旬までに毎日の感染者が10万人に達する可能性があると述べています。

最近の症例数は、やや下がり気味でしたが、まだまだ気を許せないということでしょうか。
バンコクの中心部では、観光客とも思しき欧米人風の男性が闊歩していましたが、あごにマスクをかけている欧米人を多く目撃し「唖然」としてしまいました。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP