• 火. 7月 5th, 2022

6月17日で決定か?! マスク義務化の撤廃、風俗営業深夜2時まで。

Byサイト運営

6月 10, 2022

Covid-19状況管理センター(CCSA)は6月17日に会合を開き、公共の場所でのフェイスマスクの義務を撤廃し、娯楽施設を午前2時まで営業できるようにすることを検討するとのことです。

CCSAは状況を評価するためにより多くの時間を必要とし、フェイスマスクの新しい規則を作成すること、特に人々がマスクを着用せずに行くことができる領域を指定することを公衆衛生省に委ねたとしています。

「6月1日からバー、パブ、カラオケ、マッサージパーラーの再開を許可した後、状況は制御されていることがわかったため、娯楽施設の営業時間の延長に考慮できると思います。」

また、6月17日の会議では国境検問所の再開も検討すると付け加えています。

タイの状況は改善していますが、ブースターショットを取得する人の数が少ないため、CCSAは依然として懸念を抱いていると言います。

6月9日の時点で、タイは1億3,836万回のCovid-19ワクチンを投与しており、そのうち5,681万回は、人口の81.7%が一回のみ、5,284万回人口の76%が2回目を、2,869万回人口の41.3パーセントが3回目のワクチンを接種しています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP