• 木. 5月 26th, 2022

第5のタイ=ラオス友好橋、2024年1月開通予定。

Byサイト運営

2月 21, 2022

新たな第5のタイラオス友好橋が、36億5000万バーツをかけ2023年予定より早く完成し、2024年初頭にはメコン川地域の貿易を促進するためにオープンするだろうとと予想しています。

このブンカーン~ボリカムサイ橋は、メコン川を隔てタイとラオスのボリカムサイ県を結ぶ、5番目の主要な国境橋となります。

ブーンカーン当局によると、橋は現在32%完成しており、建設は予想よりも早く進行し、開通日は2024年1月に設定されています。
橋の建設工事は、2020年6月に開始されました。

36.5億バーツの大型プロジェクトは、道路の建設、税関の検問所、コンクリート橋、橋の下の多目的エリアが対象となっています。

このプロジェクトは、大メコン圏を結ぶ包括的な輸送ネットワークを構築するためのエーヤワディ~チャオプラヤー~メコン経済協力戦略(ACMECS)の一部です。

予算は、ラオスが川岸の建設費用4億7600万バーツを除いて、近隣諸国経済開発協力庁(NEDA)によって提供されました。

現在、タイとラオスを結ぶ4つのメコン川橋(タイラオス友好橋)があります。
ノンカイ~ビエンチャン、ムクダハーン~サバンナケット、ナコンパノム~カムムアン、チェンライ~ボケオの4つの橋がそれにあたります。

ブンカーン商工会議所の顧問であるジェット氏は、5番目の友好橋が完成すると、ブンカーンと岩山が豊富な町ボリカムサイの間で人や物が取り引きされるだろうと述べています。

ボリカムサイは、岩石鉱山があり、東北部の建設業界に大いに役立ちます。
さらに、この橋はベトナムのブンアン深海港までの距離をわずか300キロメートルと近づき、タイの輸出業者に新たな市場機会を開くでしょうと同氏は主張しています。

新型コロナ苦しむ民衆がいる中、巨大公共事業プロジェクトは次々と進みます。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP