• 水. 5月 18th, 2022

性病かな?と思ったらバンラック病院へ。性病治療のワンストップサービスを開始。

Byサイト運営

2月 19, 2022

タイ公衆衛生省は、性感染症(STI)の治療のためのワンストップサービスを開設しました。

副首相兼公衆衛生大臣のアヌティン氏は、2月17日木曜日にバンラック病院のバンラック医療センタービルの開所式に出席しました。
バンラック病院は90年以上にわたってSTI病院であり、現在、疾病管理局はそれをワンストップサービスの性関連医療保健センターにアップグレードしたと同大臣は式典で述べています。
センターでは、性感染症治療のためのワンストップサービスを提供し、将来的にはフルサービスのウェルネスセンターへの道を目指します。

2020年の公衆衛生調べでは、性感染症の患者数が10万人あたり33.6人であることを示しています。
梅毒、淋菌、非淋菌性尿道炎、軟性下疳、および性病性リンパ肉芽腫が最も一般的な疾患でした。
同省は、新たな梅毒の症例を10万人中1人に減らし、淋病の感染を10万人中3人に減らすという目標を設定しました。

疾病管理局(DDC)の局長であるオパス博士は、施設は新しいHIV症例を収めるために、来月、暴露前予防(PrEP)の提供を開始します。
新しいセンターでは、性感染症「Test&Go」サービスと、セルフサンプルのヒトパピローマウイルス(HPV)検査を提供します。

C型肝炎のウイルス量検査、HPVワクチン接種サービス、健康診断サービスなどのサービスは、2023年までに利用可能になる予定とのことです。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP