• 木. 5月 19th, 2022

捜査のメスは入るのか?! 無実の罪でビニール袋の拷問を受けた家族が必死の告発!

Byサイト運営

2月 15, 2022

パトゥムターニー県のタンヤブリー警察署の副主任捜査官と12人の警察官は、ほぼ15年前にさかのぼる麻薬事件の捜査のために、ある4人家族を拷問したとして告発されました。

この家族の夫は14年間の刑務所で服役しましたが、常に無実であると主張していました。

この告発は、モンさん(48歳)、その夫クルアイさん(53歳)その娘たち(24歳と26歳)により、2月14日月曜日に中央調査局(CIB)の苦情センターに提出されました。

訴状の中で名前を挙げられたのは、現在タンヤブリー警察署の副主任捜査官であるブーンイン氏と12人の警官でした。
彼らは殺人未遂、強盗未遂、未成年者監禁の容疑で告発されています。

原告の弁護団には、犯罪被害者支援クラブの会長である活動家の弁護士アチャリヤー氏がいます。

2007年7月、タンヤブリー郡プラチャティパットにあるラッタナコーシン住宅団地で、モン夫人と豚肉売り手であった夫と2人の娘が住んでいました。

当時パトゥムターニーの麻薬抑制チームのメンバーだったブーンイン氏と他の警官は、突然彼らの家に押し入り、拘束しました。
警察は、家の中に麻薬があるだろうと主張してきました。

しかし家宅捜索の結果、麻薬は見つかりませんでした。
その後、4人全員が尋問のために県のガソリンスタンドに運ばれ、その後、モン夫人と夫は警察に移送されました。

女性と夫は、麻薬をどこに隠したかと尋問し、彼らの頭の上にビニール袋被せ、電気ショックを行うなどを拷問し、自白を強要してきました。
しかし、彼らは麻薬について何も知らなかったので、何も言うことができませんでした。

その後、警察の捜査官の別のチームから、家の柵の近くで4千錠近くのメテンフェタミンの薬物が見つかったとの報告がありました。
彼らは家に連れ戻されました。
そこで、彼らは麻薬の容疑を認める書類に署名することを余儀なくされ、法的措置のために拘留されました。

アチャリヤー氏は、この事件で多くの疑わしい点を見つけたと述べています。
そのうちの一つは、警察が令状なしに、彼らの家を捜索したという事実でした。
さらには、別の容疑者であるラオス人が見つかった麻薬がこの家族のものだと訴えていましたが、後にその麻薬は彼のものであると自供しています。

弁護士はまた、同じ警察チームが他の多くの事件で容疑者に同様のことをしたが、刑事または懲戒処分の対象になったことがないことも判明したと述べています。

モン夫人の夫は、麻薬の容疑を自白せず、3つの裁判所で訴訟を起こしましたが有罪とされ、14年間の懲役に服したと言います。
国王の恩赦により釈放された後、彼は法務省とオンブズマン事務所に訴状を申請しましたが、何の返答も得られませんでした。

彼はCIBに苦情を申し立てる際に、妻を拷問し2人の子供を虐待したとしてブーンイン氏が率いる警察チームに対して法的措置を取ることを望んでいると述べています。

ブーンイン氏は、この件についてコメントを求められたましたが、告発を全面的に否定しています。
彼は、法律の範囲内で行動しており、この件で起訴された場合は戦うと述べています。

しかしこれ、どこかで見たような光景ですね。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP