• 木. 5月 19th, 2022

プーケットで射殺された被害者は、インド系の国際マフィアだった!

Byサイト運営

2月 6, 2022

プーケットで起きたカナダ人男性射殺事件。
ある報道メディアによると、被害者の男性はカナダで長い犯罪歴を持つインド国民であったと言われています。

同紙によると、ジミ「スライス」サンドゥ(32歳)氏は、6年前に「重大な犯罪」を犯したためにカナダから強制送還され、「いくつかの情報源」により彼の身元を確認したと報じています。

2月5日土曜日の朝、彼の遺体が発見されたとき、サンドゥは2つの異なる身分証明書を携帯していました。
1つはインド系カナダ人の名前が記載されたパスポート、もう1つはインド系カナダ人の名前が記載された運転免許証です。
地元の警察はその名前の1つを被害者の名前として公表し、いくつかの地元のメディアに掲載されました。

朝6時30分ごろ警察が、被害者の死亡を確認しました。

被害者はプーケットのナンバープレートが付いた赤いMGハッチバックの後ろで、うつ伏せに横たわっているところを発見されました。
白いTシャツとクリーム色のショートパンツを着て、彼は体に約10発の銃創を負っていました。
警察は、男性が遺体が発見される少なくとも6時間前に死亡したと考えています。

38口径の19個の使用済みの薬莢が、付近に散らばっていました。
車内では、紙幣と乾燥マリファナが見つかっています。

プーケット警察の発表では、被害者は1月27日にプーケットに到着し、ホテルの別荘棟に滞在していました。

サンドゥは、カナダのブリティッシュコロンビア州の太平洋岸地域で活動している国際犯罪組織のメンバーでした。

このギャングのライバルにあたるグループが、サンドゥの死について報じられたとき、ソーシャルメディアに侮辱と罵倒の言葉を投じていたとのことです。

サンドゥはインドで生まれ、7歳でカナダに移住し、バンクーバー近郊のアボッツフォードで親戚と一緒に育ちました。
彼はギャングの生活に巻き込まれ、2010年と2012年に深刻な暴行事件で有罪判決を受けた後、彼は国外追放に直面したと報じられています。

2016年の初めに国外追放されたのちの2年後、彼がインドで逮捕され、大規模なケタミン工場を運営した罪で逮捕されました。
さらに保釈後、彼は姿を消し、それ以来ドバイと東南アジアの間を旅していました。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP