• 水. 5月 18th, 2022

タイのお化けは映画がお好き?旧正月に死者のための映画祭。本当です。

Byサイト運営

2月 2, 2022

死者に対する考え方は、現代文化も加わり、多様化していくのは自然なことのようです。

タイの中北部にあるピチットの県立財団は、2月1日中国の旧正月の夜、ムエン地区のピチットサマキ財団墓地で非常に特別な映画際を開催しました。
周囲の330の墓の下で、3つの映画を楽しみました。
しかし歓声は少なめです。
なぜなら、映画祭に招かれたのは、少々の村人と何百もの霊魂だったからです。

このイベントは、中国の旧正月の夜に57年連続で開催されている伝統のある地元の行事です。
これは、この日に天国への門が開くという古い中国とタイの宗教的信仰に基づいています。 

ピチットサマキ財団の副会長であるアヌシット氏は、映画際を始める前、財団が17時ごろ中国の旧正月のお祝いを始めました。
中国の伝統的な式典と公演、そして墓地の地元の守護霊のために花火ショーがありました。

3つのタイと中国のクラシック映画が、18時30分に上映されました。
330の墓のすべての故人を称えるために。

亡き人たちの魂は、現在生きている人の心の中にいます。
今生きている人が満足いくのなら、それは全て真実なのかもしれません。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP