• 木. 5月 26th, 2022

なんと奥さん8人!タイでハーレム実践中の男性に話題殺到中。

Byサイト運営

1月 17, 2022

男ならやっぱり一度は夢見たことがあるのではないでしょうか。

一夫多妻な生活を。

タイは20世紀初頭まで、一般にも一夫多妻制が認められていました。
それは家系存続の観点や労働力、女性は身の置き場などの観点からだったと言われています。

そのような背景による観念は、地方などでは習慣として根強く残っているところも多く存在し、お年寄りなどに聞くと「生活力があれば二人目三人目も認められている」という回答が返ってくる場合もあるほどです。

ただしこれは、あくまでも事実婚の場合です。
紙ベースの重婚は、法律により禁じられており、厳しく罰せられます。

ただその事実婚は憚られるほどのものではなく、堂々と世間に晒しても問題はないようです。

何故なら、今タイでは「チャムレソーシャル(社会分析)EP4」という番組が、バズっているからです。
この番組は、youtubeで1月11日にアップされてからわずか1週間足らずで、260万以上の視聴回数を得ている大ヒット動画となっています。

この番組では、正にこの一夫多妻制を地で行く男性が取り上げられており、そのなれそめなどが語られていますので、簡単にご紹介いたしましょう。

右に8人の美女(?)を従えてインタビューを受けているのは、ナコンパトムの有名な彫り師(サックヤン師)である「オンダム」さん。

タイで2,3人の奥さんを連れている人は、まあまあ珍しくないのですが、「オンダム」さんはなんと8人の奥さんがいるというのでタイでも話題となっています。

しかも、9人目も商談(?)中なのだとか。

8人の奥さんとのなれそめを簡単にご紹介しましょう。

1人目…サプライトさん。シーサケットの人で、結婚式で出会いました。
2人目…(2人目以降は妹や目下の人に対する呼称ノーンがつきます)ノーンエルさん。カムペーンセーンの人で、市場で出会いました。
3人目…ノーンネーンさん。ナコンパトムの人で、病院で出会いました。
4人目…ノーンマプラーンさん。ソンクラーの人で、インスタグラムで知り合いました。
5人目…ノーンペエリーさん。ロイエットの人で、フェイスブックで知り合いました。
6人目…ノーンムアイさん。TikTokで知り合いました。
7人目…ノーンフィームさん。プラパトムチェディで母親と一緒にタンブンしている時に寺院で出会いました。
8人目…ノーンマーイさん。4人の妻と一緒にパタヤ旅行をしている時に出会いました。

2人目以降は、全員この「オンダム」は怖い人だと感じたそうです。
ただ共同生活をすることは、友達や姉妹に囲まれて生活するようで楽しいのだとか。

また共同生活を維持するためにいくつかの決まりごとがあるそうです。
それは、お互いに欺くことはしない。
新たに恋人ができても文句は言わない。ただし、その人が悪い人だと感じた時、または子供の父親として、リーダーとして、夫としてふさわしくない場合は別だとのこと。
誰かを騙したり、誰かと話したり、浮気をしてはいけない。
3回まで別れるかどうかを尋ねますが、それでも別れたい場合は別れます。
やり直したい場合は、やり直せます。

なんだか、男性側に絶対的に有利な内容ですね。
このような内容を認めてくれる女性がいるんですね~。
はっきり言って、一人でも大変なのに…。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP