• 日. 1月 23rd, 2022

タイの「危険な7日間」が終了。交通事故件数2,707件、死者数333人、負傷者数2,672人を記録。事故理由で最も多いものとは?

Byサイト運営

1月 6, 2022

タイの防災・軽減局(DDPM)は、いわゆる「危険な7日間」である12月29日から1月4日の集計が終了し、合計で交通事故件数2,707件、死者数333人、負傷者数2,672人を記録したと発表しました。

1月4日火曜日だけでも209件の事故が記録され、21人が死亡、202人が負傷しました。
それらのほとんどは、過度のスピード違反(34.45%)が原因で、その後、突然の車線変更(25.36%)と飲酒運転(21.05%)が続きました。

事故の約82.04%はオートバイに関係しており、ピックアップトラック(6.31%)と普通自動車(1.94%)がそれに続いています。

負傷者と死亡者の数が最も多かったのは40〜59歳の人で、17.49パーセントでした。

この「危険な7日間」では、合計2,707件の交通事故、333人の死者、2,672人の負傷者が報告され、事故理由としては過度のスピード違反(35.12%)が最も高く、飲酒運転(29.51%)と突然の車線変更(17.84パーセント)が続きます。

同省はまた、事故件数が最も多い県はチェンマイ(96回)であると報告しています。
死亡者数が最も多かったのはバンコク(22人)で、負傷者数が最も多かったのはチェンマイとカンチャナブリー(それぞれ93人)でした。

この期間中、トラン、ナコンナーヨック、パッタニー、パンガー、ヤラー、サトゥーン、サムットソンクラーム、スコータイ、プレーでの死亡者記録はありませんでした。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP